とてもお得なプランが登場


INFORMATION

あらゆる角度からユーザーをサポートします。


■■■■




SIPPE・・・[]と発音ください。
アンデルセン童話、昔々、ヨーロッパの国々は、小さな小さな村落の集まりでした。
ドイツの王様の重税に集合体は力を合せ、戦いを続け今日の社会が出来上がりました。
この小さな集まりをSIPPE(ドイツ語)といいます。
直訳すると氏族共同体となるようです。

世間話
昔々、ポルトガル人が、種子島に漂着した。
・・・その4年後、フランシスコ・ザビエルが日本に来て、デウス(神)の布教を始めました。
当時の日本人はザビエルの説教を聞いて不思議がった。例えばデウス(神)がすべてを創造し、
かつ全能で、一切をお見通しであるとするならばどうして日本人が発見されることがかくも遅かったのか。
またデウス(神)が絶対の合いであるとするなら、なぜ悪魔をおつくりになったのか‥
さらに、彼によってすでに信仰を得た物は自分がやがて天国にゆけることを喜んだものの、不審だったのは
死んだ両親のことだった。両親たちは地獄にいるという。死せる両親たちはデウス(神)によって発見されることが
遅かっただけで‥
つまりザビエルが日本にやってくることに間にあわなかっただけで・・・・
なんの罪も無いのである。かれらの罪はデウス(神)を礼拝しなかったからだというのが、
それでは不公平なのではありますまいか‥また、もしそうであれば神は全き愛をもっていらっしゃらないと
云うことになりますが。・・・・・と言ったりした。

 その時のザビエルの本国への書簡の中にこんな一説があります。
・・・・・この国の人々は今までに発見された国民のなかで最高であり、日本人より優れている人々は、
異教徒のあいだでは見つけられないでしょう。彼らは親しみやすく、一般に善良で悪意がありません。
驚くほど名誉心の強い人びとで、他の何ものよりも名誉を重んじます。大部分の人びとは貧しいのですが、
武士も、そうでない人々も貧しいことを不名誉とは思っておりません。
 聖フランシスコ・ザビエル全書簡(河野氏訳)

敬具


世間話
男になります「侠(OTOKOGI)」遺伝子
神は自分の姿に似せて人間を作り、アダムと名付け、アダムのあばら骨から女を作り、イブと名付けた。
だが実際には、生物の性はメスが原型で、オスはその派生型であることを示す遺伝子を日本人研究者が発見、
12/19発行の米専門誌「カレント・バイオロジー」に発表した。
旧約聖書に描かれた人類創造の物語とは全く逆の結果を裏付ける最新の研究をまとめたのは、東京大学院理学研究科
の野崎久義助教授らの研究グループ。
生物のオス(精子をつくる性)を決定づける遺伝子を、原始的な緑藻類の仲間で見つけた。
「OTOKOGI(侠)」と命名されたこの遺伝子の発見で、生物の性はメスが原型でオスはその派生型であることが示唆されるという。
オスと雌の起源に迫る成果だ。
精子をつくるオスと卵をつくるメスが存在する卵生殖の生物では、性を決定する遺伝子がいつ
どのように誕生したかはこれまで謎だった。
野崎助教授らは、神奈川県の津久井湖で採取した俊主の藻類のゲノムを解析し、オスだけに現れ精子の核に局在する
遺伝子を発見、「OTOKOGI」と名付けた。
生物の生殖は、性差はあっても配偶子の大きさに違いがない同型配偶から、メス型の配偶子がやや大きい異型配偶を経て、
大型で運動能力がない卵と小型で運動能力が高い精子をつくる卵生殖へと進化したと考えられている。
これまで、同型配偶の単細胞藻類(クラミドモナス)では、一方の性を決める遺伝子が見つかっていたが、
それがどちらの性に相当するかは不明だった。
米国の研究グループは1990年代に、やや高等な緑藻類で卵生殖を行なう「ボルボックス」で類似の遺伝子を探したが、
発見できなかった。
野崎助教授らが着目した新種の藻類は、系統的にクラミドモナスとボルボックスの中間に位置し、
ゲノム解析によってクラミドモナスの性決定遺伝子が「OTOKOGI」の起源であることを突き止めた。
この結果、「性の原型はメスで、オスはOTOKOGIのような性決定遺伝子を持つことでメスから派生する」と考えられる。
野崎助教授は、「OTOKOGIを手がかりにして、今後はオスと雌の起源が具体的に解明されていくだろう」と話す。
「OTOKOGI」は野崎助教授が好きな仁侠映画にちなんだ命名。漢字を当てると「侠」の1文字だそうだ。

SANKEI EXPRESS 12/19 より抜粋


・「大会社たらんより 最良の会社たらん」を、社是とし無為に身をおき
     不言を行なう様心がけ おぼろげな 道をさすらいながら 日々いそしんでおります。

・無常の時の流れ 縁起空なる 無限の営みの中に 全ておわせ在られます。

・煩悩是道場 真理は、おぼろげなり

・在るがままを受け入れ 思うがまま 生きよ
                    自分、家族を愛し 周りの人を大切にする。
   自然法爾

四苦八苦とは、
        生、老、病、死 ----- の4つの苦を四苦
 * 愛別離苦
 * 怨憎会苦
 * 求不得苦
 * 五陰盛苦 (色、受、想、行、識)
               四苦に更に4つの苦をたして八苦となる。

深海房